2012年

12月

26日

凍結防止帯を新しくしています

小諸の冬はとても厳しくて、水道管にはしっかりとした凍結対策をしておかないと中の水が凍結して大変なことになってしまいます。

 

関東地方だと水道管にウレタンなどの保温材を巻きつけるだけで大丈夫なのですが、小諸ではそれだけでは十分ではありません。

保温材とともに、電熱線を巻きつけてより積極的に凍結を防止するのです。

これが凍結防止帯です。

 

もちろん、ラ・セゾン小諸も建築時から凍結防止帯が設置されています。

ただ、この凍結防止帯も経年とともに劣化していく部分もあって、定期的に入れ替える工事が必要になります。

 

ちょうど今、その入れ替え工事を行っていただいているところです。

 

これにより、安心して冬を越すことができるようになります。