2014年

10月

19日

そろそろくるみの季節です

小諸市にはくるみの木がいっぱい
小諸市にはくるみの木がいっぱい

長野県東部には、くるみの木がたくさん植えられていると聞きます。

となりの東御市にある道の駅は、「雷電くるみの里」という名前の通り、この時期には生のくるみの実が店頭に並んでいたりするのを見ることができます。

小諸市にも、いろんなところにくるみの木があって、半ば野生化しているようなものもあれば、ちゃんとくるみ畑のようになっているところもあります。

聞くところによると、秋になって実が落ちる頃、それを拾って売ってくれる人もいるようですし、場所によっては拾うのも大変なのでそのままになっている木もあるようです。

そうした木には、春になっても実がついたままになっています。

この写真の木も、小諸市のものです。

枝の分かれ方がちょっと変わっているので、すぐにくるみの木だとわかります。

最近は、健康にいいとかでくるみの実がスーパーから無くなってしまうという現象も起きているようですが、今年は小諸のくるみをたくさん食べたいなと思っています。


ラ・セゾン小諸へ