2015年

12月

11日

べじたり庵 ふわり家のランチ

小諸市の中でも、ちょっと市街からは外れたところになりますが、高峰高原に向かう道の途中にあるのが、べじたり庵 ふわり家です。

山の中に、ふわっとたたずんでいる感じのある、ちょっといい感じのお店です。

常盤館という旅館とつながっていて、そちらの宿泊者の食事もここでできたりするようです。

ひとつひとつの料理にとても手が込んでいて、味も丁寧に仕上がっています。

写真は、お昼のランチメニューの一つ、きのこそば(1,500円)です。

中央奥に見えているのは、ゴマ豆腐のようですがそうではなく、くるみ豆腐なのでした。

とてもコクがあって、まったりとおいしくいただきました。

おそばもおいしくて、なんだか幸せになるランチです。

ランチタイムは、コーヒーもついているので、ゆっくりとすることができます。

11月までは紅葉もあって、多くのお客様でにぎわっているそうですが、訪れたのは12月に入ってからだったので、とても静かでした。

ちょっとひんやりする日でしたが、入り口にあるマキの暖炉がとても暖かく出迎えてくれて、小諸の少し早い冬の訪れを感じました。

小諸に来たら、おすすめのお店の一つです。


べじたり庵 ふわり家

長野県小諸市菱平533-1


営業時間

11:00~15:00
14:00~17:00
17:00~20:00(夜は要予約)

 

小諸駅徒歩8分のラセゾン小諸へ